The Hidden Fortress (1958) / 隠し砦の三悪人

『隠し砦の三悪人』(かくしとりでのさんあくにん)は、1958年(昭和33年)12月28日公開の日本映画である。東宝製作・配給。監督は黒澤明、主演は三船敏郎。モノクロ、東宝スコープ、139分。

黒澤作品初のシネマスコープ作品。戦国時代を舞台に、敗国の侍大将が姫と軍用金を擁して敵国突破をする姿を描いた娯楽活劇。第32回キネマ旬報ベスト・テン第2位。

 ・ amazon : The Hidden Fortress (1958) / 隠し砦の三悪人

 ・ amazon prime: The Hidden Fortress (1958) / 隠し砦の三悪人

 ・ Youtube : The Hidden Fortress (1958) / 隠し砦の三悪人

 ・ dTV : The Hidden Fortress (1958) / 隠し砦の三悪人

The Hidden Fortress (1958) / 隠し砦の三悪人のあらすじ

百姓の太平(千秋実)と又七(藤原釜足)は、褒賞を夢見て山名と秋月の戦いに参加したが、何も出来ないまま、秋月の城は落ち、山名の捕虜になって焼け落ちた秋月城で埋蔵金探しの苦役をさせられる。夜、捕虜たちが暴動を起こし、それに紛れて二人は脱走する。2人は谷で、薪の中から秋月の紋章が刻まれた金の延べ棒を発見する。そこに屈強な男が現れる。

男は秋月家の侍大将・真壁六郎太(三船敏郎)で、落城後、大量の金を薪に仕込んで泉に隠し、秋月家の生き残り・雪姫(上原美佐)、重臣らとともに、山中の隠し砦に身を潜めていた。秋月家再興のため、同盟国の早川領へ逃げ延びる方法を思案していた六郎太であったが、秋月領と早川領の国境は山名に固められている。しかし太平と又七が口にした、1度敵の山名領に入ってから早川領へ抜けるという脱出法を聞いてこれを実行に移すことと決める。六郎太について隠し砦に行った2人は、そこで女に出会う。六郎太はその女を「俺のものだ」と言うが、その女が雪姫だった。彼女の落とした櫛から姫だと目星をつけた又七は、恩賞欲しさに町へ出かけるが、姫は打ち首になったと聞く。しかし、それは雪姫の身代わりとなった妹の小冬だった。

六郎太は、気性の激しい雪姫の正体を百姓2人にも隠し通すために唖(おし)に仕立て、太平と又七を連れて早川領を目指す。最初の関所でさっそく一行は怪しまれるが、六郎太は隠している金を逆に見せて、番卒に突き出す。そして「褒美をくれ」と駄々をこねるうちに、関所を通される。夜、山名の城下町にある木賃宿に泊まり、人買いに売られた百姓娘を見た雪姫は、彼女を買い戻させ仲間に入れる。

道中、六郎太一行を怪しんだ騎馬武者に発見される。六郎太は武者を斬り捨てるうちに、かつての盟友にして宿敵である山名の侍大将・田所兵衛(藤田進)の陣に駆け込んでしまう。2人は槍で果たし合いをし、六郎太は兵衛を打ち負かす。又七と太平は、姫へ手を出そうとするが、姫と見抜いて恩義を感じている百姓娘に阻まれる。

一行は火祭りの準備のために薪を運んでいる群集にこれ幸いと紛れ込む。しかし不審な素振りの者がいればすぐに捕えろと監視の兵が配されていた。又七と太平は祭りの火に薪をくべることを拒むが、六郎太は「燃やせ燃やせ!、踊れ踊れ!」と燃やしてしまい、楽しそうに踊る姫に反して、二人は情けない顔で踊る。翌朝、灰の中から拾い上げた金を背負って一行は進むが、追手が迫り、又七と太平は逃亡してしまう。そして、早川領まであと一歩というところで姫と六郎太と娘は山名に捕えられてしまう。峠の関所で捕らわれの身となった3人の前に兵衛が現れる。果たし合いの件で大殿に罵られ、弓杖で顔を打たれていた兵衛は六郎太を恨む。雪姫は「姫は楽しかった。潔く死にたい」と腹をくくり、六郎太も男泣きする。それに心動かされた兵衛は、処刑の日、「裏切り御免!」と姫と六郎太を解放し、自らも馬に乗って逃げる。

又七と太平は早川の城に呼び出され、殿中姿の姫と六郎太に再会。素性を明かされ、褒美として大判一枚を受け取り、2人は大判を譲り合って、仲良く家路につく。

関連記事

  1. Sanjuro (1961) / 椿三十郎

  2. Throne of Blood (1957) / 蜘蛛巣城

  3. Ran (1985) / 乱

  4. Red Beard (1965) / 赤ひげ

  5. Rashomon (1950) / 羅生門

  6. The Lower Depths (1957) / どん底

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。