The Idiot (1951) / 白痴

『白痴』(はくち)は、ドストエフスキーの小説 『白痴』を原作とした日本映画である。監督は黒澤明で、1951年(昭和26年)に公開された。

原作はロシア文学で、1868年に発表され同時代のロシアを舞台としている。本作では舞台が昭和20年代の札幌に置き換えられている。

 ・ amazon : The Idiot (1951) / 白痴

 ・ amazon prime : The Idiot (1951) / 白痴

 ・ Youtube : The Idiot (1951) / 白痴

 ・ Hulu : The Idiot (1951) / 白痴

The Idiot (1951) / 白痴のあらすじ

亀田(森雅之)と赤間(三船敏郎)は北海道へ帰る青函連絡船の中で出会った。亀田は沖縄で戦犯として処刑される直前に人違いと判明して釈放されたが、そのときの後遺症でてんかん性の白痴にかかってしまったのだった。札幌へ帰ってきた亀田は狸小路の写真館のショーウィンドーに飾られていた那須妙子(原節子)の写真に心奪われる。しかし彼女は愛人として政治家に囲われていた。裕福な大野の娘の綾子(久我美子)と知り合いになった亀田は白痴の症状はあるものの性格の純真さ善人さから、二人に愛され綾子と妙子の間で激しく揺れ動く。3人の異質な恋愛は周りの人物たちを次々と巻き込んでゆくこととなる。

関連記事

  1. Sanshiro Sugata II (1945) / 續姿三四郎

  2. The Quiet Duel (1949) / 静かなる決闘

  3. The Most Beautiful (1944) / 一番美しく

  4. Rhapsody in August (1991) / 八月の狂詩曲

  5. Sanshiro Sugata (1943) / 姿三四郎

  6. Dersu Uzala (1975) / デルス・ウザーラ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。