No Regret on My Youth (1946) / わが青春に悔なし

『わが青春に悔なし』(わがせいしゅんにくいなし)は、1946年(昭和21年)10月29日公開の日本映画である。東宝製作・配給。監督は黒澤明。モノクロ、スタンダード、110分。

GHQの奨励した民主主義映画の一つ。滝川事件とゾルゲ事件をモデルに、ファシズムの時代の中で自らの信念に基づいて生きる女性の姿を描いた作品で、「自我の確立」をテーマに据えた。第20回キネマ旬報ベスト・テン第2位。

 ・ amazon : No Regret on My Youth (1946) / わが青春に悔なし

 ・ amazon prime: No Regret on My Youth (1946) / わが青春に悔なし

 ・ youtube: No Regret on My Youth (1946) / わが青春に悔なし

 ・ dTV: No Regret on My Youth (1946) / わが青春に悔なし

No Regret on My Young Age (1946) / わが青春に悔なしのあらすじ

日本が戦争へと歯車が狂い始めていた1933年(昭和8年)、京大教授の八木原夫妻とその娘・幸枝(原節子)、父の教え子である糸川と野毛(藤田進)ら7人の前途有望な学生達は、吉田山でピクニックを楽しんでいた。全てに慎重で常識と立場を重んじる糸川と、正しいと信じた事は立場に関係なく主張する野毛の二人は幸枝に好意を持っていた。幸枝も好対照な二人それぞれに惹かれていた。しかし、大学では京大事件が発生し、自由主義者の八木原教授(大河内傳次郎)は罷免されてしまう。やがて大学を追われた八木原は弁護士、糸川は検事になり、野毛は左翼運動に身を投じていた。野毛に強く惹かれていた幸枝は上京して自活の道を選び、野毛の後を追った。1941年(昭和16年)、幸枝は野毛と結婚する。だか、野毛は戦争妨害を指揮したとして逮捕され、獄死してしまう。

関連記事

  1. Sanshiro Sugata (1943) / 姿三四郎

  2. The Idiot (1951) / 白痴

  3. Ikiru (1952) / 生きる

  4. The Quiet Duel (1949) / 静かなる決闘

  5. Madadayo (1993) / まあだだよ

  6. Dodes’ka-den (1970) / どですかでん

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。