Madadayo (1993) / まあだだよ

『まあだだよ』は、黒澤明監督による1993年公開の日本映画。大映が製作し、東宝の配給により公開された。黒澤明の監督生活50周年・通算30作目の記念作品でかつ、本作が半世紀以上の監督生活を全うした黒澤の遺作となった。

 ・ amazon : Madadayo (1993) / まあだだよ

 ・ Youtube : Madadayo (1993) / まあだだよ

Madadayo (1993) / まあだだよのあらすじ

法政大学のドイツ語教師・百閒先生(松村達雄)は随筆家としての活動に専念するため学校を去ることになり、学生たちは『仰げば尊し』を歌って先生を送る。職を辞したのちも、先生の家には彼を慕う門下生たちが集まり、鍋を囲み酒を酌み交わす。先生には穏やかな文士生活が訪れるはずであった。しかし時代は戦争の只中、先生も空襲で家を失ってしまう。妻(香川京子)と2人、先生は貧しい小屋で年月を過ごすことを余儀なくされるが、戦後門下生たちの取り計らいで新居を構えることを得る。

昭和21年、彼らは先生の健康長寿の祝いのために「摩阿陀会」なる催しを開く。なかなか死にそうにない先生に「まあだかい?」と訊ね、先生が「まあだだよ!」と応える会である。月日は経ち、17回目の「摩阿陀会」は先生の喜寿のお祝いも兼ねて盛大に開かれる。門下生たちの頭にも白いものが交り、彼らの孫も参加したこの会で、先生は突然体調を崩してしまう。大事をとって帰ることになるが、かつての教え子たちは昔と同じように『仰げば尊し』を歌って会場を後にする先生を送るのだった。

その夜、付き添った門下生たちが控える部屋の奥で、先生はおだやかに眠る。夢の中、かくれんぼをしている少年は、友達に何度も「まあだだよ!」と叫ぶ。少年が見上げた夕焼けの空が、やがて深く彩られ、夜になっていくところで映画は幕を閉じる。

関連記事

  1. The Quiet Duel (1949) / 静かなる決闘

  2. Sanshiro Sugata (1943) / 姿三四郎

  3. The Most Beautiful (1944) / 一番美しく

  4. Dreams (1990) / 夢

  5. One Wonderful Sunday (1947) / 素晴しき日曜日

  6. The Idiot (1951) / 白痴

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。